2017年11月 / 10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:--  |  スポンサー広告  |  Top↑

2008.01.04 (Fri)

映画 『 魍魎の匣 』

映画 『 魍魎の匣 』、実は去年の公開日の次の日に友達と3人で観て来ました。晴
すっかり感想を書くのを忘れてた・・・。苦笑い
今回の『 魍魎の匣 』は、前回の映画 『 姑獲鳥の夏 』よりもテンポがよく、出来としては良かったかなと。
随分前に読んだんだけど、原作の小説の方もそんな感じがしていたように思う。
『 姑獲鳥の夏 』の小説を読みきるのに凄く時間がかかったのに、『 魍魎の匣 』は意外とスラスラと読めてたような気がするんだよね。
話の展開の違いだと思うんだ。ぽっ


キャストは、殆どが前回の映画と替わらずだったんだけど、関口だけが椎名桔平に変更されてた。
その他のキャストは、
中禅寺秋彦(京極堂) : 堤真一 
榎木津礼二郎 : 阿部寛 
木場修太郎 : 宮迫博之 
中禅寺敦子(京極堂の妹) : 田中麗奈  
柚木陽子 : 黒木瞳 
久保竣公 : 宮藤官九郎 など
公式HPでも書いてあるけど、豪華キャストである。
ふむ。

あらすじ
匣の中には綺麗な娘がぴったり入ってゐた。
箱を祀る奇妙な霊能者。
箱詰めにされた少女達の四肢。
そして巨大な箱型の建物―箱を巡る虚妄が美少女転落事件とバラバラ殺人を結ぶ。
探偵・榎木津、文士・関口、刑事・木場らがみな事件に関わり京極堂の元へ。
果たして憑物は落とせるのか!?



前作みたいに難しい感じの映画ではないと思う。
今回は、京極堂も活躍するけど、やっぱり榎木津だね。
原作では、凄く突拍子のない人なので、もっと大胆に変な人な感じを出しても良かったかも。
ま、コレは凄く個人的な意見だけどね。
実は、原作の掴みどころのない榎木津が凄く好きなんだよね。ハート
うん、もっと変人でも言い!!って感じうふ
もっと個人的な意見を言えば、榎木津も関口も もっと華奢な感じがイメージだったんだけどなぁ・・・。でへへ


これ以降は長くなるのと個人的感想なんで、折りたたみました。



【 続き・・・ 】

この映画、第二次世界大戦の戦場で榎木津と久保が出会った所から始まる。
映画の中で鍵になるのは、戦後作家になる久保竣公と女優 柚木陽子だと思う。
いくつもの話、事件が絡み合って話が進んでいく。
途中で間延びすることもなく、テンポ良く進んだんじゃないかなぁ。
堅苦しい話や解説だけじゃなくて、笑いもあり、一癖も二癖もある脇役がいて楽しかったわ。アップロードファイル
ちょっとお気に入りは、榎木津のやってる探偵事務所(確か、薔薇十字探偵事務所だっけ?)の助手、安和寅吉(通称 和寅)役の荒川良々 さんが面白かった。
依沙の個人的なイメージでは、原作のイメージと凄くあってる感じがしたんで余計に面白かった。
最後のクライマックスあたりでも、京極堂と関口のやり取りに何故か笑ってしまったり、今回の映画は前作よりも楽しいつくりにしたのかなぁ。

ただ、もうちょっとオドロオドロしい感じがあっても良かったかも。
御箱さまっていう宗教に嵌っていく人たちの狂気な部分があったけど、ソレよりも恐ろしかったのは、久保竣公の箱や少女に対する執着なんだけど、もう少し久保竣公の狂気じみた感を出しても良かったかもって思うんだよね。
個人的な意見だけどね。

あ、ラストは江戸川乱歩の『 押し絵と旅する男 』を思い出してしまったのは依沙だけかなぁ??


このまま毎年一作づつ映画化されるのか・・・
って事は、次は『 狂骨の夢 』か。
この話と『 魍魎の匣 』、その次の『 絡新婦の理 』は結構好きなんだよねぇ。
『 塗仏の宴 』も好きだなうふ



スポンサーサイト

テーマ : 映画感想 - ジャンル : 映画

EDIT  |  02:46  |  映画  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

*Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。