2017年09月 / 08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:--  |  スポンサー広告  |  Top↑

2007.08.10 (Fri)

ニャンコ先生がキモカワ (///∇//)

待ってたよ~んアップロードファイル夏目友人帳 ④ 』。

実は” 友人帳3巻 ”出た頃に無性に漫画が読みたくってさ、その時はBL以外で出来れば少女漫画希望って感じだったのよ。にまにま
” 少コミ系 ”とか” プリンセス系 ”とか、その時は気になる漫画を色々大人買いしてたんだよね。
で、『 夏目友人帳 』も” 少女漫画読みたい月間 ”の時に1巻から3巻までお買い上げ~♪しずくちゃん
その時に大人買いした漫画の中で一番のお気に入りかもしんない。sn2
だって、その時に買った他の漫画はもう売っちゃったから・・・。
いや、面白かったんだけどね、おいら的には持っててもなぁ~って感じがしたのでね。
本って時々整理しないとなぁ・・・もうそろそろヤバいわ・・・。マジですか

そんな事はさて置き、『 夏目友人帳 』。

話としては、小さい頃から妖怪を見てしまう主人公、夏目貴志(なつめたかし)。
小さい頃に両親を亡くし、妖怪が見える事で気味悪がられ親戚中をたらい回しにされていたが、今は心優しい藤原夫妻の元で幸せに暮らしている。
ある日、夏目の祖母レイコの遺品の中に、名前を書かれた妖怪を支配する力があるという妖怪たちとの契約書『 友人帳 』を見つけ出す。
その『 友人帳 』を巡って、夏目は色んな妖怪たちと関わっていく事になる。
そんなある日、夏目は偶然にある妖怪の封印を解いてしまい、妖怪たちに名前を返すのを手伝って欲しいと頼みこむ。
見返りに、もし自分が死んだら『 友人帳 』を譲るという約束で。
見た目がずんぐりむっくりな招き猫の妖怪、通称” ニャンコ先生 ”は、こうして夏目の用心棒になった。

そんな心優しい夏目とちょっとおふざけ満載なニャンコ先生の冒険譚(!?)。


ニャンコ先生好き~~~好 時々やる気の無さが滲み出てるところなんて最高~ニヌ
絵はね、結構好きな感じなのですよ。
シンプルちゅーか、あっさりしてるっていいか。
少女漫画版『 蟲師 』って感じかな。 絵も話も雰囲気も少し・・・。
人情味(妖怪味!?)溢れる話もあるので、話自体はあんま怖いと思わない。
それと夏目と同じ妖力を持つ俳優の名取さん。(3巻から出てきたっけ?)
この人、カッコいいんだけど、策士でヤモリの形をしたアヤカシを持ってる。
しかもそのアヤカシ、顔とか体中を動き回るという・・・。
ま、一般人には見えない設定なんでいいんだけど、なんかエロを感じてしまうのは、おいらだけなんだろうか・・・。もえ
しかも少しBL臭が見え隠れすゆ・・・。
夏目が自分と同じ力を持つ名取に心許してるところが、そんな気にさせるのかなぁ?jumee☆LoVe1

夏目友人帳 3 (3)
     ↑
コレは3巻の表紙
一番奥にいるのが名取さんで、ピンクの着物が夏目。
ずんぐりした猫が、だ~い好きなニャンコ先生アップロードファイル


4巻ネタバレOKな方は、続きを読むで。



【 続き・・・ 】

夏目友人帳 4 (4) (花とゆめCOMICS)の感想~

第十三話から十五話と特別編:夏目観察帳①、② ニャンコ徒然帳。
いやぁ、今回も夏目の人の良いところがいっぱい出てきます。

第十三話では、夏目の体を借りてまでやり遂げたい事があるとアヤカシ(玄(げん))が夏目に襲い掛かるけど、無残にも失敗。(゜д゜;)
しかも(冬の話なので) 雪で作った” 雪兎 ”に乗り移っちゃったからメサ笑える。
夏目もそうだけど、なんか出てくるアヤカシ達って憎めないの多いんだよね。♪
そんで、雪兎のままの姿で悪霊退治を手伝って欲しいと言われ、断ることも出来ずに手伝っちゃうところが夏目のいいところなんだろうなぁ、きっと。
んでね、その話の中でな、な、なんと!?アップロードファイル
おお振りの阿部ばりに夏目が、「 玄は人(おれ)を嫌いかもしれないけど、おれは玄が好きだよ 」と玄を口説いております!!!
口説いてるちゅーか、心通わせてるだけだと思うんだけどね。

第十四話では、噂の(?)名取さんと温泉旅行!!
いいのか、いいのかっ!?(って何が?)
夏目はただの温泉旅行と思っていますが、実は腹黒大人な名取さんには、思惑がありまくりな温泉旅行でふ。
その温泉への誘い方も凄い。あひゃ
夏目の家の玄関に式神を仕込んでおいて、近くの公園で待つ自分のところに夏目を強引に連行。アップロードファイル
喫茶店に誘い、温泉旅行の話を切り出す。
” 自分なんか誘うより、男友達や彼女を誘えば? ”的な事を夏目に言われ、名取さん含みのある殺し文句を吐きます。
同じ風景が見える友人は君だけだよ 』と。ぽっ
これは、自分と同じように妖怪が見えるのは夏目だけなんだと、夏目の苦しみが分かるのも自分だけなんだと言ってる様に感じた。
・・・立派な口説き文句だ。
結局、温泉行くんだけど当然のごとく、ニャンコ先生も付いていきます。
そんで温泉なのでもちろん、お風呂シーンもあります。祝
名取の体を這い回るヤモリの妖怪に、夏目は目のやり場に困ってまふ。照れ
キャッ!

第十五話。
今回もまた夏目の人の良さが裏目に出る形に。アップロードファイル
大まかな感じとしては、江戸川乱歩の『 押し絵と旅する男 』な感じかなぁと思ったんだけど。
うーん・・・押し絵と旅する男、随分前に読んだからなぁ。
なんとなくのおおまかな感じだから、もし違ってたらごめんなさ~い。

フリーマーケットである絵を買ってしまう夏目。
その絵は、アヤカシ(巳弥(みや))が恋した人間が小さく描かれていた。
その人間との思い出を胸に、逢えなくなった寂しさをその絵と旅する事で心を癒していた巳弥はある日、その絵を落としてしまい人間に拾われ、今は夏目の元に。
アヤカシがもっていた事で絵自体に妖力が宿り、夏目の妖力を吸い取り始め、夏目が日に日に弱っていきまふ。メソ
それに気付いたアヤカシの巳弥は、もう夏目には迷惑を掛けられないと、絵を燃やすと言い出す。

なんだか悲しいお話です。メソ
アヤカシも人間も悲しいとか、寂しいと思う気持ちには変わりはないって事だよね。

後は、短編。
可愛い子狐の話と夏目の小学生の頃の話(夏目メチャ可愛い~もえ)とニャンコ先生の家出の話。
短編は、どれも可愛かったん~5757
スポンサーサイト

テーマ : マンガ - ジャンル : アニメ・コミック

EDIT  |  00:38  |  漫画  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

*Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。